お知らせ内容をここに入力してください。

ズボラ20代に全世界株式がおすすめな理由

こんにちは(*^^*)

突然ですが、あなたは几帳面さんですか?それともズボラさんですか?

今回の記事は、ズボラさん向けの記事になります。

ちなみに、今記事を書いている私も超ズボラです。笑

そんな超ズボラな私が、先々月からなぜか投資の本を次々と読みたくなり、気になっていた投資本を次々に買いまくりました。

今まで読んだ本の一例をあげると、

  • ジェイソン流お金の増やし方
  • お金の不安がなくなる資産形成1年生
  • ETFはこの7本を買いなさい
  • バカでも稼げる 米国株 高配当投資
  • 米国株で始める100万円からのセミリタイア投資術
  • FIRE 最強の早期リタイア術
  • お金は寝かせて増やしなさい

などなどです。

上記の本も含め、1~2か月で20冊以上の投資本を読みに読み続けて出した答えが、

「全世界株式の投資信託1本投資」です。

これはあくまでも私個人の意見です。

投資は自己責任ですので、それをご了承のうえでお読みくださいませ。

目次

私がズボラ20代さんに全世界株式をおすすめする理由

はじめに、私がなぜこんなにも全世界株式をおすすめするのか、理由をご紹介します。

  • シンプルで管理が超楽だから
  • 今話題の米国株式が構成割合の6割を占めているから
  • 超長期投資(30年以上)に向いてるから

一番大きい理由は、シンプルで管理が超楽だから。

投資はしたいけど、めんどくさいことは嫌いだし、為替レートとか株価とか気にしなきゃだったら無理

こう思っている方いませんか?

私のやり方だったら、最初にちょっと手間をかければその後のことは気にしなくて大丈夫。

「最初のちょっとの手間すらめんどくさい」 そんなこと言わないでください(*^^*)

一回苦労すれば、長期的にお金を増やせるチャンスがありますよ!

シンプルで管理が超楽だから

どの投資家さんも初心者さんには基本的に投資信託を進めます。

でもその内容はまちまちです。

VTI1本のシンプルスタイルを進める方、米国株式を進める方、バランスを重視してこの商品をこういう割合で持つといいよという方、人によって全然答えが変わってきます。

でも、色々な種類の商品を買うのってめんどくさくないですか?

例えば、日本株式と米国株式を半々で持つことを決めたとします。

最初に積立設定をすれば、毎月定額で購入し続けてくれますが、数年たつとそのバランスは確実に崩れていきます。

その時7対3になっていたら、また半々の割合まで元に戻さなければなりません。

「え、そんなのめんどくさい」 そう思った方に朗報です!

全世界株式なら、元々いろんな国に分散されているし、

どの国の株式をどのくらい買うかも、すでに決まっているので自分で決めなくていいのです。

なんて楽なんでしょうか。

めんどくさがりサンには、超シンプル投資がおすすめです。

今話題の米国株式が構成割合の約6割を占めているから

米国株式を進めている投資家さん多いですよね。

私もいろんな本を読んだ中で、米国株を進めている人が体感6~7割くらいはいたと思います。

なぜ皆さん米国株式を進めるのでしょうか?

答えは、米国は今後も成長し続ける可能性が高いから。

日本は少子高齢化です。人口はこれからも減っていく可能性が高いです。

対してアメリカ。アメリカは多くの移民を受け入れている多国籍国家のため、日本とは対照的に人口増加国なのです。

人口が減っていく国と、増えていく国、今後成長しやすいのはどっちでしょうか?

そのほかにも、アメリカは株主のための法整備が整っていることや、過去何度も起きた暴落からの復活、GDPがずっと右肩上がりなことも、アメリカ市場の強さを感じられます。

そういった様々な理由から米国株式をおすすめしている投資家さんが多いのです。

私が特に尊敬している厚切りジェイソンさんも米国株式をおすすめしています。

詳しくはこちらに記事から↓

この章のタイトルにもある通り、全世界株式を購入すると、商品によって若干異なるかもしれませんが、大体6割くらいが米国株式になります。

ちなみに日本株式は6%ほど、その他先進国株式や新興国株式が含まれています。

つまり、10,000円投資すると約6,000円が米国株式に600円が日本株式に、残りの3,400円がそのほかの先進国、新興国株式になるのです。

高い成長性が見込まれる米国株式が6割含まれていることで、全体的には右肩上がりになることが予想されます。

ここまでの話を聞いていると、読者さんの中でこんな疑問が生まれると思います。

「それだったら、全世界株式じゃなくて、米国株式のみに投資したほうがいいんじゃない?」

その疑問は次の章で解説します。

超長期投資(30年以上)に向いてるから

私が全世界株式をおすすめしているのは、ズボラな20代の方。

20代で投資を始めると運用期間はとてつもなく長くなります。定年までやるとしても30年以上はやることになりますよね?

その場合、本当にずっとアメリカ1強のままなのでしょうか?

私の意見は10年~20年くらいはアメリカ1強が続くと考えていますが、その後はどうなるかわからないと思っています。

そうなると、いま米国株で投資を始めても10数年後以降は、投資対象を切り替えなければいけなくなる可能性があります。

そんなの大変じゃないですか?

今みたいにアメリカ1強だみたいなシンプルな状況だったらいいですけど、2つの国が強い2強の状態かもしれないし、どこの国が今後伸びるか誰にも予測がつかない状況の中で、あなたは投資対象を切り替えられる自信がありますか?

自信をもってはいと答えられる投資上級者の方は、米国株式で問題ないと思います。

ただし自信がない場合は、全世界株式を買っておくほうが無難と考えます。

その理由は全世界株式の内容は自動でメンテされるから。

例えば、少し前までは全世界株式の中にロシア株も含まれていましたが、昨今の事情を鑑み、全世界株式の構成株から外されました。

こんな感じで、全世界株式を買っておくと自動で時代に合った構成比率に直してくれるため、自分でメンテナンスをする必要がないのが大きなメリットなのです。

どうでしょうか?

ズボラ20代には全世界株式がぴったりだと思いませんか?

もちろん人によって意見は様々ですので、どんな考えをお持ちでも自分の信念に沿って、運用していくことが大事だと思います。

人によってリスク強度もおかれている状況も違います。

何が正解かは自分自身で考えること。

私もかつては全世界株式か米国株式にするかで、頭を抱えるほど悩みました。笑

それでも何とか今の答えにたどり着きました。

このブログを読んだことで、前の自分と同じ状況の読者さんが、自分なりの答えを導きだせるといいなと思いながら執筆しています。

もしツイッターからこの記事を見た方の中で、記事内容がいいなと思ったら、リツイートしていただけたら嬉しいです。

それではまた(‘ω’)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる