お知らせ内容をここに入力してください。

「ゆるFIRE 」心配性の方におすすめのサイドFIRE

イルカ

FIREって言葉を聞いたことはありますか?

FIRE = 経済的自立と早期退職

働かなくても、自分で貯めた資産の収入(配当金等)のみで生活ができる状態のことです。

そう聞くと、たくさんのお金が必要なんじゃないかなって思いませんか?

その通りです笑

FIREをするとなると、かなりの金額のお金が必要になってきます。

しかし、サイドFIREではどうでしょう?

サイドFIREには明確な定義があるわけではありませんが、

両学長の考えがすごくわかりやすく、腑に落ちたので紹介します。

サイドFIRE=必要最低限の生活費のみを資産収入から得られる状態のこと

必要最低限の生活費 → 資産収入で賄う
贅沢費 → 自分の好きな仕事で賄う

FIREだと生活費+贅沢費まで資産収入で賄う必要がありますが、

サイドFIREであれば、必要最低限の生活費のみのため、

FIREをするときよりも目標額が低くても実現可能になります。

私はビビりなので、FIREをして全く働かないで生きていくのは怖くてできません。

しかし、サイドFIREなら気持ち的には実現可能かなと思っています。

もちろん元手がたまらないことには始まりませんが笑

イルカ

今回は、サイドFIREの一例として「ゆるFIRE」という本についてご紹介します。

目次

ゆるFIREとは?

ゆるFIREとは、名前の通りゆるっとFIREすることでサイドFIREに近いものになります。

私のような心配性の怖がりサンにおすすめの方法で、

一般的な考え方よりも比較的安全性が高いため、資金が底をつく可能性がかなり低くなります。

また本書では、他の人よりも多く稼ぐために、副業をおすすめしています。

著者の副業に対する考え方はこちら

  • ゆるFIRE後の仕事は個人事業主orアルバイトです。
  • 最低3つはやってみて、詰まらなかったら即やめる
  • 楽しいけど収益にならないものはとりあえず続けてみること

FIREした後も楽しく仕事ができるように、

元手を貯めている時点で、自分に合う副業を見つけておくとよいと思います。

イルカ

会社員で安定的な収入が見込めるからこそ、副業は色んなことに挑戦できるチャンスです。

私はまずはブログから初めて、後々はWebライターを始める予定です。

最近、楽天roomというアフェリエイトも始めました(*^^*)

副業を始める前は失敗したらどうしようとか、

色々もやもやしていてなかなか始められなかったのですが、

いざ始めてみたら、どんなことにも積極的にチャレンジできるようになりました。

もし、副業しようか悩んでいる方は、はじめの一歩を踏み出してみることをお勧めします。

大げさかもしれませんが、見える世界が変わりますよ!

資産の具体的なため方や目標値などもっと具体的に知りたい方は、こちらから。


私のまとめたお金の貯め方についてはこちらから

それでは、具体的なゆるFIREの考え方のポイントを3つご紹介します。

  • 4%ではなく2.5%ルールで取り崩す
  • 現金クッションを用意する
  • 利回りシールドで対策する

それぞれ具体的に解説していきます。

4%ではなく2.5%で取り崩してゆく

イルカ

一般的にFIRE後の資産を取り崩す方法として、
よく聞くのが4%ルールだと思います

これは元手の資金を年4%で運用していけば、

FIRE後も4%の資産を毎年取り崩していっても、

資産を減らすことなく生活ができるという考え方になります。

イルカ

しかし、ゆるFIREの考え方では4%ではなく、
2.5%で取り崩していきます

4%ルールに従って取り崩しても5%の確率で資産が底を尽きるそうです。

FIREをしたタイミングが悪ければ、

5%の確率って割と引いてしまいそうで怖いですよね。

2.5%にしておけばもっと心に余裕が出ますよね。

これであれば心配性の方でも、比較的安心してFIREに臨むことが

できるのではないでしょうか?

現金クッションを用意する

イルカ

現金クッションとは、
預金口座に入れておく準備金のこと。

株価の暴落時に資産を取り崩さずに、現金を使用できるのが最大のメリットです。

株価が落ちてしまったときに売るのはもったいないですし、

必要な生活費は毎年大きく変わらないので、

暴落した時に、下手をしたら4%以上取り崩さないと生活できない状況に

なる可能性もあります。

そんな時に現金でいくらか保有しておけば、資産を取り崩す必要がなくなるのです。

現金なら株価によって金額が変わることはないですし、

イルカ

気持ち的にもだいぶ楽になりますよね(*^^*)

1つ注意点としては、株価が回復した時には、一部資産を売却して現金クッション用のお金を補填すること

補填しておかないと次に暴落が来たときに耐えられなくなってしまいます。

利回りシールドで対策する

イルカ

利回りシールドとは、
ETFでもらう分配金のこと

ETF=上場投資信託のことで分配金を現金として受け取ることができるのです。

そのため、資産の一部をETFのような高利回り資産に置き換えることで、

利回りシールドを強化することができるのです。

高利回り資産の例

  • 高配当株
  • 社債
  • REIT(不動産投資信託)

現金クッションと同様に、暴落時に資産を取り崩さなくても、

現金で配当金を受け取れることが魅力です。

イルカ

現金クッション×利回りシールド=暴落も怖くない

まとめ

ゆるFIREの安全策       

  • 4%ではなく2.5%ルールで取り崩す
  • 現金クッションを用意する
  • 利回りシールドで対策する

これで資産が底をつく不安からかなり解消されることと思います。

イルカ

最後にミリオネア(大金持ち)の3タイプについても紹介します。

ミリオネアタイプ① ハスラー

ハスラーは収入が非常に高いタイプ

具体的には上場社長タイプで、イーロンマスクやスティーブ・ジョブズなど。

バリバリに働いて資産を貯めていくような方ですね。

ミリオネアタイプ② 投資家

投資家は名前の通り投資の腕がいいタイプ

ウォーレン・バフェットさんが代表的な例ですね。

投資の才能に恵まれた数少ないタイプです。

ミリオネアタイプ③ オプティマイザー

支出を徹底的に抑えるタイプ。

再現性が高くミリオネアの中で最も多いタイプ。

①②のタイプは才能によるところが多いので、まねできませんが、

③であれば頑張ればマネすることが可能ですからね。

収入、投資、支出のどれかが優れていて、その他2つが平均的だとミリオネアになれるそうです。

イルカ

皆さんはどのミリオネアタイプを目指しますか?

ゆるFIREについてもっと知りたいと思った方はこちらからぜひご確認ください。


投資をまだ初めてない方はこちらから。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる