お知らせ内容をここに入力してください。

「伝え方が9割」伝え方を変えれば結果も変わる!

こんにちは(*^^*)

仕事をしていても相手がなかなか思い通りに動いてくれない。こんな経験ありませんか?

伝える内容は同じでも、伝え方を変えるだけで相手からイエスをもらう確率を上げることができます。

会社員で働くにもフリーランスで働くにも、仕事をしていく上では、イエスをもらうスキルがかなり重要になってきます。

今回は伝え方が9割という本を読んで、自分が即実践できそうだなと思ったものを3つピックアップしたので、ぜひ読んでみてください。

目次

基本的な考え方

まずは自分の頭の中に出てきた言葉ではなくて、相手にもメリットのある言い方をすることで、相手にイエスといってもらいやすくなります。

そのためには相手が何を考えているかを想像することが大事になってきます。

例えば、気になる人をご飯に誘いたいとき、シンプルにデートしようと誘うのではなく、相手の好みの食べ物をリサーチして、相手がお寿司が好きなのであれば、駅の近くでおいしいお寿司屋さんを見つけたんだけど今度一緒に行かない?とか、

最近近くに新しいお寿司屋さんがオープンしたみたいだから一緒に行ってみない?など、相手に好きなものを食べれるというメリットがあることで、成功率をアップすることができるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/5/24時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まんがでわかる 伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/5/24時点)


選択の自由

一つ目の方法は選択の自由です。

人は2つを並べられるとどちらか1つを選びたくなる生き物です。

そのため、どちらを選ばれてもいいように、

「こっちとこっちどっちがいいかな?」というように、

2択で質問を準備すると相手が答えやすくなるという方法です。

イエスというときに人は無数にある選択肢の中から、

どれにするか決断をしなければなりません。

それって、簡単には決められないですよね。

でも2つの選択肢を用意することで、

相手は2つを比較してどちらが良いかの判断を簡単にすることができます。

ポイントは、相手は押し付けられた感がなく、自分で決断したんだと思ってもらえることです。

あなた限定

ただ「この仕事お願いします」と言われるだけよりも

「○○さんにぜひこの企画をやってもらいたいんです」と言ってもらえるほうが、

喜んで仕事を受けたくなりますよね。

「どうしてもあなたの知見を借りたい」だとか、

「今回の仕事にはあなたの感性がどうしても必要なんです」などというように

あなたじゃないとダメなんですというお願いの仕方をすると、相手にイエスをもらいやすくなります。

この時、「○○さんにしか頼めないんです」というように相手の名前を呼ぶとより効果的になります。

ギャップ法

3つめはギャップ法です。

主にタイトルなどを考えるときに使用できる、

強い言葉を作る方法の一つで、

伝えたい言葉の反対の意味の言葉を使用することで強いギャップを作り出すのです。

例えば、「あなたが好き」とストレートな言葉よりも

「嫌いになりたいのにあなたが好き」という風に、

好きの反対の言葉である「嫌い」を使うことによって、

言葉に緩急をつけることができます。

ギャップ法の作り方

意外と簡単で、まず一番伝えたい内容を決めます。例文で言えば「あなたが好き」の部分です。

その次に好きの反対の言葉、嫌いを使って文章をうまくつなげることで、相手の心に残る強い言葉を作ることができるのです。

最後に

本を読んだ中で気になったものや使いやすそうなものだけを、

3つピックアップしましたが、

この本にはそのほかにもたくさん方法が乗っていますので、

企画書や提案書などを作る仕事の方にはぜひ読んでいただきたい本だなと思います。

本を読むのが苦手な方でも漫画なのでさらっと読みやすいので、ぜひ手に取ってみてください。

それではまた(‘ω’)ノ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まんがでわかる 伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/5/24時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/5/24時点)


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる