お知らせ内容をここに入力してください。

20代の私がFIREを目指していない理由

イルカ

皆さんはFIREって考えていますか?

両学長の動画を見て、

ファットFIREやリーンFIRE、サイドFIREなど

FIREにも色んな種類があることを知りましたが、

私はどの種類のFIREも考えてはいません。

ちなみにそれぞれのFIREを簡単に説明すると、

ファットFIRE=生活費+贅沢費を資産所得で賄うFIRE

仕事をしなくても、資産収入だけで、

旅行に行けたり、高い洋服を購入できる状態。

ただし、数億円レベルのお金がないと実現できません。

リーンFIRE=必要最低限の生活費のみを資産収入で賄う方法

生活費を必要最低限まで切り詰めて、FIREする方法。

用意する資産は少なくてよいが、贅沢はできない。

サイドFIRE=生活費を資産収入で賄い、副業して贅沢費を稼ぐ方法

必要最低限の生活費は資産収入で賄えるようにし、

副業をして、旅行代や高い洋服代を稼ぐ方法。

これなら、リーンFIRE並みに資産は少額でもよいことに加え、

もっと欲しかったら、自分で稼ぐスタイル。

どのFIREを選ぶにも、

お金をある程度貯めることと、投資は必須になります。

サイドFIREにあこがれはありますが、

なぜ私はFIREを考えていないのか。

イルカ

あくまでも私個人の考えですが、
皆さんの参考になったら嬉しいです。

この記事を読むとわかること

自分はFIREに向いているかどうか

FIREを目指すための人生プランがわかる

自分が今何に時間を割くべきかがわかる

目次

私がFIREを目指していない理由

早速結論からお話させていただきます。

私がFIREをは考えていない理由は下記の3つです。

  • 人生設計が決まっていないから
  • 今しかできないことにお金を使いたいから
  • 目指すのではなく、気づいたらなってる人が多いと感じたから
イルカ

それぞれ具体的に話していきますね。

人生設計が決まっていないから

私がFIREを目指さない理由の一つは、

まだ人生設計が決まっていないから。

どのFIREを目指すにしても目標額の設定が必要

目標額を設定しないとFIREって実現できないですよね。

でも、私はまだ20代。

  • 結婚するのか
  • 独身で行くのか
  • 子供は何人産むのか

ここが決まらない限りは、

必要な生活費がわからないので、

目標額の設定ができません。

イルカ

私は結婚して2人子どもを産みたいんだ

そう思っていても、

実際に結婚できるかどうかはわからないし、

結婚しても子どもが希望の人数生まれるかもわからない。

イルカ

現時点では不確定要素が多すぎるんですよね

裏を返せばこんな人はFIREを目指せます

  • 結婚して子どもが独立している方
  • 結婚して子どもが希望の人数恵まれた方
  • 結婚して子どもは産まないと決めた方
  • 自分は一生独身で行くと決めた方

自分の人生設計がある程度確立している方は、

FIREをするのに、具体的にいくら必要か

試算ができるので、FIREを目指すことが可能だと思います。

ゆるくFIREを目指したい方や、

心配性な方には、ゆるFIREがおすすめです!

人生設計が確立していないなら、とにかく副業&貯金&投資

人生設計が確立していないけど、FIRE目指したい!

そんな方は、とにかく副業で稼ぐ力を上げて、

貯金と投資額を増やしておくこと。

そうすれば、自分がどんな人生を送ることになっても、

FIREできる可能性がグンと高くなりますよ。

イルカ

私も今はとにかく副業で稼ぐことを目標にしています。

子どもを産みたいと思っている女性が今やったほうが良いこと

私も子どもを産みたいと思っている女性の一人ですが、

そんな方にはこの2つをやっていただくことをお勧めします。

  • ブライダルチェック
  • 産後の働き方を考えること

1.ブライダルチェック

これは女性に限らず男性もですが、

不妊の要因がないかを早い段階で調べたほうがよいと考えています。

子どもを産む産まないでは、

自分の人生設計は大きく変わります。

自分が妊娠しやすい、しにくいという情報は、

早く知っておいたほうが対策も打ちやすいです。

私は数年前に受けてよかったと思っているので、

参考になればいいなと思い、お話させていただきました(*^^*)

産後の働き方を考えること

FIREをしたいと考えるなら、

産後の働き方はもっとも重要です。

今正社員で働いていても、子どもを産んだら、

  • 育休中は収入は減る
  • その後も時短勤務なら収入は減る
  • 重要な仕事を任せてもらえない可能性がある

自分はもっとバリバリ働きたいのに、

お子さんを育てながらだとどうしても、

働ける時間に制限が出てきます。

それなら、フリーランスのほうが向いているかも。

そう思った方は、すぐに副業を始めたほうがいいと思います。

自分に合った仕事がわからないなら、

時間があるうちに、色々挑戦しておくことで、

後々の人生で、役に立ってくると思いますよ(*^^*)

↓興味を持った方には、私の愛読書を紹介します。


この本を読むとわかること

  • 自分自身の分析ができる
  • いくら稼いだら申告が必要かわかる
  • いくら稼いだら扶養から外れてしまうのかわかる

その他にも様々な悩みを解決してくれる本になります。

今しかできないことにお金を使いたいから

若さこそ武器  

20代の今、体力があって記憶力もあって、

何をやるにも最適な時期。

20代のうちにやりたいこと
  • 国内海外問わず、色んな所に旅行へ行きたい
  • 趣味を見つけるため、様々な習い事に挑戦したい
  • 副業を全力で頑張って、本業を辞めても生活できるようにしたい
  • 興味のある資格にチャレンジして、知識の幅を広げたい
  • 20代のうちしか着れない可愛いお洋服を着ていたい

若いからこそできることがたくさんあると思っているので、

お金をたくさん貯めたいし、投資にも回したいけれど、

今しかできないことにはしっかりとお金を使っていきたいと思っています。

20代にした経験が将来稼ぐ力に代わるかもしれません。

イルカ

やりたいことは人によって様々ですが、
それぞれが将来、後悔をしない選択をしてほしいなと思います。

考え方次第ではありますが、

FIREはお金さえたまれば、絶対に実現できる。

でも、若さは取り戻せません。

人によって価値観は様々ですので、

自分が何を最優先にしたいかを真剣に考えてみてください

子どもが欲しいと思っているなら、なおさら20代の今が大事

自分の子供はとってもかわいい。

でも、子どもを産んだら、

独身や夫婦のみの時とは違い、

時間も自由も少なくなります。

イルカ

やりたいことを全力で取り組むなら、今しかない!

女性は特に子どもを産むには、

リミットのようなものがあります。

もちろんこれは考え方次第ですし、個人差もありますが、

20代のうちに産むに越したことはないと思っています。

そう考えると、思う存分自分にお金をかけられる期間は少ないです。

将来のための最低限の投資や貯金をしつつ、

自分が後々後悔しない楽しい20代を、

過ごしてほしいと思います(*^^*)

目指すのではなく、気づいたらなってる人が多いと感じたから

目指せ!「気づいたらFIRE」

両学長や他にFIREした方の話を聞いていると、

FIREするつもりではなかったけど、

気づいたらFIREできていた。

こんな方が多いなという印象を受けました。

イルカ

気づいたらFIREできていたって、
一番理想の形だと思いませんか?

もちろんそのためには、並々ならぬ努力が必要になります。

まずは熱中できる仕事を探して、

全力で取り組んでいく。

人生は計画通りにいかないことが多いからこそ、

自分がやりたい仕事のために、

経験にお金を使って、

将来FIREできる準備を整えておくのが、

実は一番の近道ではないかなと考えています。

副業を始めて見える世界が変わった 

私はブログを始めてから、

見える世界が大きく変わった気がしています。

今までは、会社に頼って稼いでいましたが、

副業では自分自身の力で売り上げを作っていく。

イルカ

全然稼げてはいませんが、
自分でお金を稼ぐ楽しさを知りました。

きっとこの稼ぐ楽しさを極めていった先には、

両学長みたいに、

大きく稼いで、FIREできるくらいの資産が、

作れる状態になるんじゃないかなと思っています。

イルカ

副業をすでに始めている皆さん
絶対あきらめずに走り切りましょ!

副業に興味を持ったけど、

何から始めたらいいかわからない方には、

この本がとってもおすすめです(*^^*)


まとめ

私がFIREをは考えていない理由は下記の3つです。

  • 人生設計が決まっていないから
  • 今しかできないことにお金を使いたいから
  • 目指すのではなく、気づいたらなってる人が多いと感じたから

この記事を読んだ皆さんは、

納得できる部分、納得できない部分、

どちらもあったのではないかなと思います。

イルカ

その考えを基に、自分の人生設計を、
考えてもらえたら嬉しいです。

100人いれば100通りの答えがあります。

ぜひ、自分なりの答えを見つけてみてくださいね(*^^*)

それではまた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる